舁出しさぃもどる  
     
博多の歴史とまち歩き
 
 
このページでは博多のまちの色んなスポットやら
歴史ばご紹介します。
まずは東の千代の松原あたりから博多のまちさい歩んでいきまっしょうかね?  

吉塚 濡れ塚 博多大水道 博多六町筋 官内町・中石堂 綱敷天満宮
鏡天満宮 編集中 編集中 編集中 編集中 編集中

吉塚 
もともと妙見て言いよった場所でその昔は大きな松が一本たっとった千代の松原の海岸やったとこです。「妙見」ちゃあ「妙見大菩薩」のことで北斗七星ば信仰する宗教て聞きます。今も妙見の交差点わきに「千代森神社」 のあって「北辰宮」が祀ってあります。ここは7本の道が合流する要衝やったけん古くは「七ヶ辻」て呼ばれとったげな。
さてさて「吉塚」ですばってんが・・・・
時は戦国時代、島津が九州ばわがもんにしようと暴れまわりよったとき、大友軍は「立花宗成(立花道雪の娘婿、秀吉曰く日ノ本一のもののふ)」が孤軍「立花城」ば最後の砦として守っておりました。
その前に宗茂の父「高橋紹運」のああ壮烈岩屋城は有名なお話であります。
秀吉に援軍ば頼みやっとのことで腰ばあげた秀吉の10万の「九州征伐軍」がやってきます。
一気に島津軍は敗走して行くとですばってんが島津側の武将、星野村の「星野吉実」と「吉兼」は最後まで戦うてこのあたりで壮絶な討ち死にばしたそうな。
それがあんまりあっぱれやけんていうて相手側の武将が二人の首ば手厚く葬ったとげなです。それが「吉塚地蔵尊」で町の名の由来です。
きしくも星野兄弟は「妙見信仰」やったていうことです。
 

濡衣塚
吉塚から千代の松原(現在の県庁、東公園辺り)抜けて石堂橋のほとりから国道三号線ば渡るとき、都市高速 ば見上げてみなっせ。
お汐井取りの石堂橋出発んとこです。
ここは唯一山笠(千代流)が都市高速の下ば潜り抜けるところ。
神様の上ば車が通ったらいかんけん都市高速の下に「雲」のプレートが取付ちゃあとば知っとったですか?
国道三号線ば渡って石堂川手前の歩道ば左さいすぐんとこ御笠川(旧石堂川)沿いに「濡衣塚」のあります。
あの「濡れ衣」の言葉のルーツですたい。

聖武天皇の時代(735年〜749年頃)。
佐野近世ていう国司が筑前に赴任してきました。
近世にゃぁ春姫ていう美しい娘がおりました。
春姫にはママ母のおって近世があんまり春姫ば可愛がるけん
ある日、嫌がらせに漁師の釣り衣ば盗んで眠っとう春姫にこそ〜と掛けたとです。
「釣り衣は春姫が盗んだ」ていう噂ば流します。この噂ば聞いた近世が春姫の部屋ば覗いたげんたい濡れた衣ばかぶった春姫の寝とるやなかですか。
それば見て逆上した近世は怒りに任せて春姫ばその場で斬って殺してしまいました。(それぐらいでなんもそこまでせんでもですね〜)
その翌年、近世の夢に春姫が現れ歌ば詠みます。

「ぬぎ着する そのたばかりの濡衣は 長きなき名のためしなりけり」「濡れ衣の 袖より伝う涙こそ 無き名を流すためしなりけれ」

この句ば聞いた近世は実は「ママ母が釣り衣ば春姫に掛けた」「娘は無実やったったい」て悟ります。近世は悔恨の涙ば流し、姫ば供養するため石堂川のほとりに7つのお堂ば建てて出家したていいます。
これが「博多七堂」の始まりですね。
そのひとつが「石堂」です。

さて愈々、石堂橋渡って博多さぃ入っていきまっしょう。

  博多大水道  
 
これは古渓町(現奈良屋町)にある博多近隣古図の石碑
文化9年(1813年)の頃、昔の地図は今と違い上下が逆で下が海です。
 
  (※昔、あたきの先祖はこの古渓町で料亭しよったそうです。)  
  中央に横に走る青い細か川は慶長五年頃作られた「博多大水道」て呼ばれよった運河です。この脇に商店が立ち並び始め、だんだんゴミもたまって下水溝のごとなってきたけん大石で蓋ばして出来上がったとが今(もう無うなったばってんが)の「寿通り」です。あたきが子供のころはまだ川端の博多川んとこにこの大水道の出口のありましたもんね。この蓋ばした大石は現在でもお櫛田さん行ったら見られますばい。  
 
 
  博多六町筋  
  石堂橋渡った先からの横筋が昔の博多のメインストリートで
「博多六町筋」て言いよりました。
管内町→中石堂→中間町→綱場町→掛町→麹屋番までですね。
ちなみに下の図は昔の追い山コースです。
 
 
 
   このページのトップへ  
 
 
  官内町・中石堂(石堂町中)  
  官内町は前述した「濡れ衣」の「佐野近世」さんの館のあったけんその名が由来やそうです。現在、山笠では恵比須流の所属になります。
お茶屋の「光安青霞園」さんがあるところです。

この官内から海の方さい川沿いの細い縦筋にたくさんの家が立ち並んできたけん竪町(たてちょう)ていいます。竪町は「上」「中」「下」で構成されとります。
官内町には「一行寺」て言うお寺さんのあります。
ここに博多にわかに登場する「一行寺」のあります。
テケテンテンテ〜ン♪
「あ〜た日本で一番寺の多か町はどっかしっとうな?」
「そら知っとうくさ、なんて云うても京都やろうもん」
「なんいいござすな、知らんかったと?博多たい」
「博多に寺の多かて言うても京都ほどや無かろうもん」
「い〜や博多には「一行寺」から「萬行寺」まである〜」
テケテンテンテ〜ン♪


官内町抜けたら中石堂(旧石堂町中)に入ります。ここに石碑のあります。あたきが住んどうビルの下、人形の「おくむら」さんの駐車場の脇になります。
碑文は
 
  石堂は博多七堂の一に数えられ袖の湊の中に石があったことから中石堂町と云う同町の東端石堂御門に近いところに周防の大内殿の探題館が設置されたので官(館)内町ができた 石堂の者豊臣秀吉の博多町割に参画した功績により博多山笠に石堂流の称号を与えられた又同町に石堂天満宮と袖の湊の守護神石堂神社(宗像神)があった  
  現在の恵比須流の区域になりますばってんが現在山笠には参加しとりません。
中石堂ていうぐらいやけん「上石堂」やら「下石堂」やらあってもよさそうばってんがその町名は見当たりませんもんね。
 
 
 
  綱敷天満宮  
  中石堂から大博通りば渡ったら「綱場町」に入りこの町には「綱敷天満宮」があります。綱敷天満宮の詳しかことは「福岡市文化財保存課のホームページ」ばご覧ください。  
 
 
  横筋のここまでが「恵比須流」の区域ここから先は
「大黒流」の区域に入っていきまっしょう。
 
 
 
  鏡天満宮  
  綱場町抜けたらホテルオークラと博多リバレインが見えてきます。
この辺りは大昔「袖の港」て言いよったところで入り江の渕で現在は博多川に突き当ります。
昔は中国からの船着き場やったけん「渡唐口」の碑が建っております。

昔はこの辺りに大水道の出口のありました。
ここホテルオークラの脇にあるとが「鏡天満宮」です。
菅原道真が博多に到着した時に鏡で姿ば映した場所で、そのときの鏡ば御神体としとります。

この辺りは昔の旧町で言えば「川端町」「下新川端町」の区域です。この東側の現在の川端商店街が「川端中央街(旧東下新)」になりその丘側から「土居流」の区域
 
 
 
  このページのトップへ  
     
  今回は「旧博多六町筋」ば歩んでみました。横筋の流、
「恵比須流」「大黒流」の区域ば通ってきました。
折ば見て今度は縦筋の流の区域ば御紹介します。 
 
  つづく